探究科学検定 第2回 試行試験(無料) 3/23、3/24 の両日開催!

【 試験・検定 】概要

活用シーン

活用シーン ⇒ 活用シーン

教科書・問題集 ⇒ https://goodanswer.jp/text/

個人が幸せに、社会が元気になるための学び

  • 技術はイノベーションの駆動力という掛け声の下、Society 5.0、デジタルツイン、サイバーフィジカルDX、ウェルビーイングを実現するための技術を学び、使いこなせるようになるための学びも、オンラインで提供します。
  • 総合型選抜や学校推薦型選抜(公募制)や、一般入試における「探究総合問題」や「総合問題」の対策になるための学びをオンラインで提供し、大学入試のためだけでなく、最終的には、大学入学後から社会人に至るまで、「問い」を立て、主体的に、協働、共創し、問題発見や課題解決ができる、真の探究力を発揮できるように導きます。

探究科学検定協会【 検定・認定 】種類

お支払い → 探究科学検定協会 お支払い

試験名主な対象者開催時期資格・級
12378
探究科学士
認定*
研究者、教育者Premium D級
WB検定 上級
探究科学士
探究科学
検定
P大学院・就職・転職Premium、Standard、Growth、各々に、D、M、1、2、3、4、5、6、7級あり
S高校生・大学生
G小学生・中学生
WB 検定
ウェルビーイング
中学生、高校生
大学生、社会人
上級、中級
*合格後(合格発表日を基準)、2年以内であれば合格の権利を保持できます。

*探究科学士は、探究科学検定 Premium D級の合格とWB検定上級の合格をし、申請していただくことで、認定いたします。

*当検定では、CBTを採用しています。

「探究科学検定」試験・検定 満点、配点、級

下記に、各種情報を記します。なお、下記は、目安となります。ばらつき、精度に鑑み、若干の変動があります。

※ Premium、Standard、Growth、各々に、D、M、1、2、3、4、5、6、7級があります。下記のレベル感は、それぞれに対してを記しています。Premium、Standard、Growth のランクとは関係していません。

※ 法人、大学、その他、理念に合わせた評価基準、採点など、カスタマイズのご依頼もお受けします。お気軽にご相談ください。

資格名称得点率レベル感
D級95%以上大学院博士修了
M級90%以上95%未満大学院修士修了
1級85%以上90%未満大学卒業
2級80%以上85%未満大学入学~3年
3級75%以上80%未満高校卒業
4級70%以上75%未満高校入学~2年
5級65%以上70%未満中学校卒業
6級60%以上65%未満中学校入学~2年
7級55%以上60%未満小学校卒業

一般社団法人 探究科学検定協会の関連組織やサイト、https://tanqken.org, https://goodanswer.jp, https://hicel.org, https://riser.co.jp にかかわる個人情報取り扱いの注意事項

  • 年4回、オンラインのCBT(コンピューターベースの試験)にて「探究科学検定」(試験)。
  • 「探究科学検定」の受験には、お申し込みが必要です。その際、当法人に個人情報をいただくことになりますので、ご了承ください。個人情報は、別途定めますプライバシーポリシー他の規約、並びに、下記の記載に基づき、適切に管理いたします。また、できるだけ当法人でもたないようにするため、随時、削除していきます。証明書の再発行などをご検討の際は、できるだけ早く、お知らせください。当法人で情報を削除した場合は、証明書の再発行ができなくなります。ご了承ください。
  • 成績に応じて、成績証明書を発行します。
  • 学校・企業会員の無料証明書発行特典(年間)の上限通数以内であれば、証明書を試験毎に担当者の方に一括送付させていただきます。なお、一括送付の場合は、受験者の皆様におかれましては、学校・企業 会員に受験者の得点など個人情報を共有することがあることをご了承の上、受験をお願いします。
  • 各回の検定試験結果に関し、個人が特定できない範囲で、得点分布や受験者所属分布、並びに、それらのデータ表示や解説など、ホームページ、その他に公開することがあります。受験者の皆様は、ご了承の上、受験をお願いします。
  • 当検定で得られたデータは、個人を特定する情報を含まない形のデータとして、学会発表、学会や学校や企業への提供を行うことがあります。ご了承の上、受験をお願いします。
  • 各受験生の解答は、当検定の公平と公正の担保することと採点時の評価手法の向上を目的として、個人情報を含まない形、かつ、原則としてデータを他の用途に使われない形で、対話型AIチャットサービスを利用することがあります。なお、データを他の用途に使われない形に関しては、対話型AIチャットサービスの設定でOFFにしますが、そのサービスの規約として自動的に収集する場合は、そのサービスの規約や個人保護に関するポリシーを認めることにします。ご了承の上、受験をお願いします。
  • 当検定試験の運用にあたり、上記を順守した上で、対話型AIチャットサービス(生成AI関連を含む)を利用することがあります。具体的には、ChatGPT、その他の生成AI系サービスを用いることがあります。なお、受験生の解答とは関係ない業務には、対話型AIチャットサービスの設定でONにする場合があります。ご了承の上、受験をお願いします。
  • 成績証明書の再発行は、同額の手数料をいただきます。

探究科学検定(試験)対策

https://goodanswer.jp/online/


「探究科学検定」試験は、一般社団法人 探究科学検定協会 が主催しています。

「探究科学検定」(試験)を受験するためには、検定ID登録をする必要があります。

まずは、検定IDの取得をお願いします。

https://tanqken.org/wp-login.php?action=register

また、個人会員の皆様は登録した本人のみ有効となります。

学校・法人 会員の皆様は受験者の延べ人数でのカウントとします。

個人・法人会員の詳細: https://tanqken.org/isca/

お支払い → 探究科学検定協会 お支払い


探究科学検定協会 には、以下の会員制度があります。

会員種別の詳細: https://tanqken.org/isca/
お支払い → 探究科学検定協会 お支払い

  • 「探究」「科学」「教養」といった学際的な学びを統合させながら、問いを生み出し、問題を発見し、課題を抽出、解決するための「総合力」を検定するものです。
  • 現代社会で大切な、「探究」と「人にやさしいデジタルの力」と、それら力を駆使するために必要な「探究リテラシー」を基に、「幅広い教養」と「深い専門性」を学び、ウェルビーイングな社会を切り拓く人材を育成するための学びを、オンラインで提供します。
  • 具体的には、文理融合、学際的な問題により、探究力、主体性、多様性、協働性、幅広い教養(知識、技術)、思考力、判断力、表現力の学びを、オンラインで提供します。
  • 特に最近の教育で求められている、STEAM教育(Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学・ものづくり・ことづくり)、Art(芸術・リベラルアーツ・ひらめきづくり・くらしづくり・ひとづくり)、Mathematics(数学))の学びや、六芸の学びを、オンラインで提供します。
  • 私たちは、「問い」を生み出すことができる人材の育成を、第1に考えて行動します。
  • これら学びによる得られた理解度や達成度について評価する手法を確立するため、「探究・科学・教養」の学びを「統合した力」を検定することの研究や教育を進めています。
  • 最終的には、未来の都市と生活を見据えて、社会変革のリーダー、ゲームチェンジ時代を切り拓く人材、ウェルビーイングな社会を切り拓く人材、デジタル社会イノベーションを起こせる人材、そして、知識集約型社会を支える人材の育成に努めていきます。

探究科学検定協会 お支払い



一般社団法人 探究科学検定協会の関連組織やサイト、https://tanqken.org, https://goodanswer.jp, https://hicel.org, https://riser.co.jp にかかわる個人情報取り扱いの注意事項

  • 年4回、オンラインのCBT(コンピューターベースの試験)にて「探究科学検定」(試験)を行います。
  • 資格試験は、CBTによる筆記試験の合格後、別日に面接を実施し、最終的な合否を判定します。
  • 受験には、お申し込みが必要です。その際、当法人に個人情報をいただくことになりますので、ご了承ください。個人情報は、別途定めますプライバシーポリシー他の規約、並びに、下記の記載に基づき、適切に管理いたします。また、できるだけ当法人でもたないようにするため、随時、削除していきます。証明書の再発行などをご検討の際は、できるだけ早く、お知らせください。当法人で情報を削除した場合は、証明書の再発行ができなくなります。ご了承ください。
  • 学校・企業 会員の無料証明書発行特典(年間)の上限通数以内であれば、証明書を試験毎に担当者の方に一括送付させていただきます。なお、一括送付の場合は、受験者の皆様におかれましては、学校・企業 会員に受験者の得点など個人情報を共有することがあることをご了承の上、受験をお願いします。
  • 各回の検定試験結果に関し、個人が特定できない範囲で、得点分布や受験者所属分布、並びに、それらのデータ表示や解説など、ホームページ、その他に公開することがあります。受験者の皆様は、ご了承の上、受験をお願いします。
  • 当検定で得られたデータは、個人を特定する情報を含まない形のデータとして、学会発表、学会や学校や企業への提供を行うことがあります。ご了承の上、受験をお願いします。
  • 各受験生の解答は、当検定の公平と公正の担保することと採点時の評価手法の向上を目的として、個人情報を含まない形、かつ、原則としてデータを他の用途に使われない形で、対話型AIチャットサービスを利用することがあります。なお、データを他の用途に使われない形に関しては、対話型AIチャットサービスの設定でOFFにしますが、そのサービスの規約として自動的に収集する場合は、そのサービスの規約や個人保護に関するポリシーを認めることにします。ご了承の上、受験をお願いします。
  • 当検定試験の運用にあたり、上記を順守した上で、対話型AIチャットサービスを利用することがあります。具体的には、ChatGPTを用いることがあります。なお、受験生の解答とは関係ない業務には、対話型AIチャットサービスの設定でONにする場合があります。ご了承の上、受験をお願いします。
  • 成績証明書の再発行は、同額の手数料をいただきます。
error: Content is protected !!