探究科学検定 第2回 試行試験(無料) 3/23、3/24 の両日開催!

風の時代の到来と探究科学の新たな役割

■ 風の時代の到来と探究科学の新たな役割

2020年12月22日、約200年ぶりに水瓶座で木星と土星が大接近したこの天文学的出来事は、「風の時代」の始まりを象徴しています。西洋占星術によると、2021年から徐々に影響を及ぼし始め、2024年1月20日より、この新時代が本格的に始まり、2024年11月20日に完全に移行が完了します。この風の時代は、今後、2220年までの200年間、続くとされています。

■ 風の時代の特徴と社会の変容

風の時代は、自由、公正、平等といった価値観の強化と、多様性への尊重に基づく柔軟で順応性のある社会への移行を示しています。この時代には以下のような特徴が見られます。

  • 場所にとらわれない生活: 物質的所有から価値の転換が進み、場所にとらわれない住まい方や働き方が新たな標準となります。
  • 個性の尊重と自己実現: 自分自身のことを大切にし、異なることをする勇気が重視されるようになり、個人の自己実現が促進されます。
  • ミニマリズムの重要性: 不要な物を持たないことに価値を見出し、物質的な所有よりも経験や行動に重きを置く文化が育まれます。
  • 「個人」の時代への移行: 個々人の能力や創造性が重視され、大企業に依存するキャリアモデルからの脱却が進むことになります。

■ この風の時代に対応し、一社)探究科学検定協会では、新たな機会を提供しています。

  • DXの推進: デジタルトランスフォーメーションは、教育や研究方法において、革新的な変化を促します。
  • EBPMの重要性: エビデンスに基づくポリシーメイキングが、科学的アプローチの重要性を強調し、より賢明な決定を支援します。
  • 社会イノベーション: 科学技術の進展が、持続可能な社会の構築に貢献し、新しい解決策の開発を促進します。
  • 「ひと・ひらめき・こと」づくり: 教育と研究の視点から、批判的思考、問い立て、問題発見と課題解決能力、創造性を育む教育を展開します。

■ まとめ

風の時代は、私たちの生き方や価値観、社会構造に大きな変化をもたらします。このような背景の下、一社)探究科学検定協会では、この新しい時代に適応し、未来を形作るための新たな教育と研究のアプローチを進めていきます。

error: Content is protected !!