探究科学検定 第2回 試行試験(無料) 3/23、3/24 の両日開催!

探究科学検定・探究科学プログラム (試験・認定)

「探究」「科学」「教養」といった学際的な学びを統合させながら、問いのを生み出し、問題を発見し、課題を抽出、解決するための「総合力」を検定するものです。 現代社会で大切な、「探究」と「人にやさしいデジタルの力」と、それら力を駆使するてために必要な「探究リテラシー」を基に、「幅広い教養」と「深い専門性」を学び、ウェルビーイングな社会を切り拓く人材を育成するための学びを、オンラインで提供します。

具体的には、文理融合、学際的な問題により、探究力、主体性、多様性、協働性、幅広い教養(知識、技術)、思考力、判断力、表現力の学びを、オンラインで提供します。 特に最近の教育で求められている、STEAM教育(Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学・ものづくり・ことづくり)、Art(芸術・リベラルアーツ・ひらめきづくり・くらしづくり・ひとづくり)、Mathematics(数学))の学びや、六芸の学びを、オンラインで提供します。

私たちは、「問い」を生み出すことができる人材の育成を、第1に考えて行動します。 これら学びによる得られた理解度や達成度について評価する手法を確立するため、「探究・科学・教養」の学びを「統合した力」を検定することの研究や教育を進めています。

最終的には、未来の都市と生活を見据えて、社会変革のリーダー、ゲームチェンジ時代を切り拓く人材、ウェルビーイングな社会を切り拓く人材、デジタル社会イノベーションを起こせる人材、そして、知識集約型社会を支える人材の育成に努めていきます。

2024年度 試行予定。 2025年度 正式運用開始予定。

「探究科学検定」試験、「探究科学検定」認定は、一般社団法人 探究科学検定協会 が主催しています。

「探究科学検定」には、以下の種類、会員制度があります。以下をご覧ください。

探究科学検定 試験(個人)

探究科学検定 認定(個人)

探究科学プログラム 認定

(学校・塾・企業・団体)

探究科学検定協会 会員

    • 「探究」「科学」「教養」といった学際的な学びを統合させながら、問いのを生み出し、問題を発見し、課題を抽出、解決するための「総合力」を検定するものです。
    • 現代社会で大切な、「探究」と「人にやさしいデジタルの力」と、それら力を駆使するてために必要な「探究リテラシー」を基に、「幅広い教養」と「深い専門性」を学び、ウェルビーイングな社会を切り拓く人材を育成するための学びを、オンラインで提供します。
    • 具体的には、文理融合、学際的な問題により、探究力、主体性、多様性、協働性、幅広い教養(知識、技術)、思考力、判断力、表現力の学びを、オンラインで提供します。
    • 特に最近の教育で求められている、STEAM教育(Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学・ものづくり・ことづくり)、Art(芸術・リベラルアーツ・ひらめきづくり・くらしづくり・ひとづくり)、Mathematics(数学))の学びや、六芸の学びを、オンラインで提供します。
    • 私たちは、「問い」を生み出すことができる人材の育成を、第1に考えて行動します。
    • これら学びによる得られた理解度や達成度について評価する手法を確立するため、「探究・科学・教養」の学びを「統合した力」を検定することの研究や教育を進めています。
    • 最終的には、未来の都市と生活を見据えて、社会変革のリーダー、ゲームチェンジ時代を切り拓く人材、ウェルビーイングな社会を切り拓く人材、デジタル社会イノベーションを起こせる人材、そして、知識集約型社会を支える人材の育成に努めていきます。

個人が幸せに、社会が元気になるための学び

    • 技術はイノベーションの駆動力という掛け声の下、Society 5.0、デジタルツイン、サイバーフィジカルDX、ウェルビーイングを実現するための技術を学び、使いこなせるようになるための学びも、オンラインで提供します。
    • 総合型選抜や学校推薦型選抜(公募制)や、一般入試における「探究総合問題」や「総合問題」の対策になるための学びをオンラインで提供し、大学入試のためだけでなく、最終的には、大学入学後から、「問い」を立て、主体的に、協働、共創し、問題発見や課題解決ができる、真の探究力を発揮できるように導きます。
error: Content is protected !!