探究科学検定 第2回 試行試験(無料) 3/23、3/24 の両日開催!
活用シーン

海外へ留学・赴任・就職・インバウンド対応をする日本人の皆様向け

■ 探究科学検定やWP検定は、海外へ留学・赴任・就職・インバウンド対応をする日本人の皆様向けとして、以下のような活用シーンを想定しています。

  1. グローバルスキルの強化
    • 海外留学を目指す日本人学生は、探究科学検定を通じてグローバル思考やコミュニケーションスキルを強化できます。特に「グローバル思考」「表現力・行動力」などの要素は、異文化環境での適応力や国際的な舞台での発信力を高めるのに役立ちます。
  2. 学術的能力の証明
    • 「確かな学力」「リテラシー」「システム思考」などの探究科学検定の要素は、留学先の教育機関に対して、学生が持つ学術的な能力や批判的思考力を証明するのに活用できます。これにより、留学申請時の書類や面接での自己アピールが強化されます。
  3. 留学準備と適応能力の向上
    • 探究科学検定で評価される「ウェルビーイング」「問い」などの要素は、留学前の準備段階で学生が直面する可能性のある心理的、社会的課題への対処能力を高めるのに役立ちます。また、新しい環境への適応をスムーズにするためのメンタルヘルスやレジリエンスを養います。
  4. キャリアビジョンの構築
    • 「自己実現」「デザイン思考」などの検定要素を活用して、留学生が自身のキャリアビジョンを明確にし、国際的なキャリアパスを構築するための基盤を築くことができます。留学経験を通じて獲得したスキルや知見を、将来の職業選択に活かすことが期待されます。

これらの活用シーンは、海外留学を目指す日本人学生が、グローバルな環境で成功するために必要なスキルやマインドセットを身につけ、留学先での学習や生活、将来のキャリア開発に役立てることを目的としています。探究科学検定の多面的な評価を通じて、学生は自身の能力を全方位的に伸ばし、国際社会で活躍するための準備を整えることができるでしょう。

■ 探究科学検定やWP検定は、海外へ留学・赴任・就職する日本人の皆様向けとして、以下のような活用シーンを想定しています。

  1. グローバルコミュニケーション能力の向上
    • 「グローバル思考」「表現力・行動力」などの検定要素は、異文化環境での効果的なコミュニケーション能力やチームワークを養うのに役立ちます。これにより、留学生や海外赴任者、就職希望者は、多様な文化背景を持つ人々と円滑に協働し、国際的なプロジェクトでの成功を目指すことができます。
  2. 専門知識とスキルの国際的な認証
    • 「知識・技能」「理論・実践」などの要素は、専門分野における知識や技術が国際的な基準に達していることを証明するのに役立ちます。これにより、海外の教育機関や企業での学習や仕事への適応をスムーズにします。
  3. 異文化間適応力の強化
    • 「ウェルビーイング」「自己実現」などの要素を通じて、海外での生活におけるメンタルヘルスの維持や個人の成長をサポートします。新しい文化や生活様式への適応を容易にし、充実した海外生活を送るための基盤を築きます。
  4. キャリア開発と自己実現
    • 「デザイン思考」「DX」などの要素は、国際的なキャリアパスの構築や将来の目標達成に向けて、革新的な思考やデジタルスキルの獲得を促します。これにより、海外でのキャリア開発において競争力を持ち、自己実現を目指すことができます。

これらの活用シーンは、海外で学ぶ、働く、生活する日本人が、異文化環境で成功し、自己成長を遂げるために必要なスキルやマインドセットを身につけることを目的としています。探究科学検定の多面的な評価を通じて、個人は自身の能力を全方位的に伸ばし、国際社会での挑戦に備えることができるでしょう。

探究科学検定協会は、個々人の成長と能力を公正に評価し、そのプロセスを可視化することを目指して設立された組織です。当協会は、Well-being(ウェルビーイング)と探究科学を組み合わせた独自の視点から、「個人が幸せになれば、社会が元気になる」という理念の下、皆様を「公正」に評価し、中学入試から就職後の活躍まで、あなたの成長を可視化します。

また、教育の質と効率を向上させることを目標としています。具体的には、探究や論文指導、採点業務のDX化を推進し、教職員の皆様や教育現場の働き方改革を支援しています。

探究科学検定は、「探究」「科学」「教養」の3つの要素を融合させた学際的なアプローチを基に、問題発見能力や解決能力などの総合力を評価する検定制度です。この検定では、STEAM教育(Science, Technology, Engineering, Art, Mathematics)や六芸(礼・楽・射・御・書・数)の学びを取り入れ、参加者が幅広い知識と深い専門性を習得することを目指しています。全てのプログラムはオンラインで提供され、現代のデジタル社会における教育のアクセシビリティを高めています。

当検定のレベルは、就職や転職、大学入試、中学・高校入試向けに幅広く設定されており、D級から7級までの様々なレベルが用意されています。これにより、受験者は自身の学年や目的に合わせた検定を選択することが可能です。検定は年4回、オンラインでのコンピューターベーステスト(CBT)形式で実施され、受験には事前の申し込みと個人情報の提供が必要になります。受験者の成績に応じて成績証明書が発行されます。

当検定を通じて、受験者は自己の学習を深め、社会で求められる多様なスキルや知識を習得することが期待されています。特に、「探究科学力」とは、「問い」を立て、問題発見、課題解決、論理的な見方・考え方の力です

探究科学検定協会の目指すものは、自己実現のために、豊かな心、健やかな体、確かな学力の3つの要素の融合にあります。これらはそれぞれ「心」、「技」、「体」「知」として表現され、ウェルビーイング、探究科学力、DX(デジタル・トランスフォーメーション)、WB(ウェルビーイング)、FD(未来社会デザイン)といった概念と密接に関連しています。この統合されたアプローチを通じて、探究科学検定協会は、問いを生み出し、問題を発見、課題を抽出、課題の解決、探究科学力、思考力、判断力、表現力、行動力、知識、技能を高めることを目指しています。これらの要素は、個人が社会で活躍し、持続可能な未来を創造するための基盤となります。

当検定では、個人の内面的側面、社会的・対人的スキル、および学術的・技術的能力の学びを提供しています。

個人の内面的側面自己実現、豊かな心(心の充実、グローバル思考、徳)、ウェルビーイング(幸福感、健康、精神的・身体的満足)を包含しています。
社会的・対人的スキル問い、表現力・行動力、思考力・判断力、気遣い・実装、公正、理解・俯瞰が含まれ、これらは問題提起、意見の表現、積極的な行動、論理的思考、正しい判断、他者への配慮、計画の実行、公平性、広い視野からの理解を示しています。
学術的・技術的能力健やかな体(身体の健康、免疫力、感謝の心)、知識・技能、理論・実践、確かな学力、リテラシー、システム思考、ロジカルシンキングが強調されており、専門知識、技術の応用、基礎学力、読み書き能力、系統的思考、論理的思考に焦点を当てています​​。

そして、個人の内面的成長、社会的・対人的関係性、および学術的・技術的能力が統合され、全人的な発達を示唆しています。この統合は、個人が社会内で自己実現を遂げ、積極的に貢献するための基盤となります。

探究科学検定協会の狙いは、これらの側面がバランスよく発達することを通じて、学び手が自由と規律を兼ね備えた人材に成長することにあります。

関連記事

error: Content is protected !!